喉の痛み(sore throat)に抗生物質(antibiotics)が効くのはなぜ?


風邪が流行る季節になりました。

朝晩、急に冷え込む日もありますが、くれぐれも体調管理には

注意してくださいね。

最近、つくづく思うのですが、

まずは健康第一だなって。

人間って、ちょっとしたことでなにかと不自由になります。

指1本でも怪我をすると、しばらくは片手で対応しないといけないし、

お風呂に入るときも、怪我を庇うのでとても大変です。

風邪にしても、インフルエンザのように高熱を出すと大変ですが、

喉を傷めたりするだけでも、日頃の動きが変わってきます。

喉の痛みも軽いうちはまだしも、痛みがひどくなって

水を飲むときにも痛みを感じるぐらいになると

もう大変です。

で、

本題の「喉の痛みに抗生物質(antibiotics)が効くのはなぜ?」

いわゆる「かぜ」はウィルスが感染して起こるもので、

抗生物質はウィルスには無効なんです。

1-antibiotics

でも、

鼻やのどの粘膜に炎症が起きると、そこに細菌が二次感染してしまうことがあります。

代表的な症状が、急性咽頭炎です。

のどには扁桃がいくつかありますが、その中でも

口蓋扁桃が細菌感染によって炎症を起こし、腫れた状態です。

このときには抗生物質が有効となります。

スポンサーリンク

抗生物質(antibiotics)とは

抗生物質(antibiotics)とは「微生物が産生し、ほかの微生物の発育を阻害する物質」と定義されます。広義には、「微生物が産生」したものを化学修飾したり人工的に合成された抗菌剤、腫瘍細胞のような「ほかの微生物」以外の細胞の増殖や機能を阻害する物質を含めることもあります。

Antibiotics, also called antibacterials, are a type of antimicrobial drug used in the treatment and prevention of bacterial infections. They may either kill or inhibit the growth of bacteria. A limited number of antibiotics also possess antiprotozoal activity. Antibiotics are not effective against viruses such as the common cold or influenza; drugs which inhibit viruses are termed antiviral drugs or antivirals rather than antibiotics.

抗生物質と人間 マイクロバイオームの危機/山本太郎

拡大する薬剤耐性菌、増加する生活習慣病。
その背後には抗生物質の過剰使用がある。
撹乱され危機にさらされるヒト・マイクロバイオーム。
万能の薬はいまや効力を失うだけでなく、私たちを「ポスト抗生物質時代」に陥れつつある。
最新の科学的知見をもとに、その逆説の意味を問う。

抗生物質と人間 マイクロバイオームの危機/山本太郎【2500円以上送料無料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク