節分(Setsubun)とは?、節分はいつ?


%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d

節分(Setsubun)とは?、節分はいつ?

日本にはいろいろな季節の行事がありますが、
最近は、その行事の意味や由来を知らずに、なんとなく、過ごしていませんか?

というわけで、節分(Setsubun)について調べてみました。
ちなみに、節分は英語でSetsubunです。

スポンサーリンク

節分(Setsubun)とは

節分(Setsubun)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは文字通り、「季節を分ける」ことも意味していて、
江戸時代以降は立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いようです。
*雑節:二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日のことで、一般的には、節分、彼岸、社日、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日の9つを指します。

⇒ 節分、豆まき(Mamemaki)のかわいいイラスト

Setsubun From Wikipedia, the free encyclopedia

Setsubun (節分?) is the day before the beginning of spring in Japan. The name literally means “seasonal division”, but usually the term refers to the spring Setsubun, properly called Risshun (立春) celebrated yearly on February 3 as part of the Spring Festival (春祭 haru matsuri?). In its association with the Lunar New Year, spring Setsubun can be and was previously thought of as a sort of New Year’s Eve, and so was accompanied by a special ritual to cleanse away all the evil of the former year and drive away disease-bringing evil spirits for the year to come. This special ritual is called mamemaki (豆撒き?) (literally “bean scattering”). Setsubun has its origins in tsuina (追儺?), a Chinese custom introduced to Japan in the eighth century.

節分はいつ?

%e7%af%80%e5%88%86%e3%81%84%e3%81%a4節分の日付は現在は毎年2月3日ですが、これは決まっている訳ではなく、
たとえば、1984年までは4年に1度の閏年に2月4日だったし、2025年から(2021年からになる可能性あり)は閏年の翌年に2月2日になるようです(Wikiの表を参照)。

節分にやること、行事など:豆まき、恵方巻

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、
年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除け(豆まき)や、邪気除けの柊鰯(ひいらぎいわし)などを飾ったり、節分に食べると縁起が良いとされている恵方巻(えほうまき)などの習慣があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク