春の七草は英語で、the seven herbs of spring


%e3%81%8a%e6%ad%a3%e6%9c%88%e9%a3%be%e3%82%8a

年末年始は、なにかと食べる行事が多く
胃が休まる暇がありませんね。
そんなときは、七草粥♪

七草粥とは

七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、
人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、
その一年の無病息災を願って食べられ、

祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

すでに平安時代には行われていたそうですが、
室町時代の汁物の原型ともされています。

People eat rice porridge prepared with
the seven herbs of spring.

They wish for good health throughout the year and,
having previously eaten too much osechi and

too many rice cakes,
give their stomach a rest at the same time.

スポンサーリンク

春の七草と覚え方

春の七草は、

セリ、ナズナ、
ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、
スズナ、スズシロ

順番はこのままで、覚えるのが定番のようです。

一方、

秋の七草は、はぎききょう、 くずおみなえしふじばかま、 おばななでしこ。

おくふかきはな (奥深き花)という覚え方があるようです。

お‥おみなえし
く‥くず
ふ‥ふじばかま
か‥かれすすき(尾花)
き‥ききょう
は‥はぎ
な‥なでしこ

*尾花(オバナ/ススキのこと)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク