茶摘み(tea‐picking)歌詞と八十八夜


chatumi

♪夏も近づく八十八夜
♪野にも山にも若葉が茂る

ということで、軽快な茶摘みの鼻歌も聞こえてきそうなこのごろです。
以前は、「せっせっせーのよいよいよい」で始まる手遊び歌として流行っていましたが
最近はどうなのでしょうか?

ちなみに、八十八夜(はちじゅうはちや)とは雑節の一つで、
立春(2月4日ごろ)から数えて88日目の日を指し、毎年5月2日頃になるとか。

スポンサーリンク

茶摘み(tea‐picking)歌詞

「茶摘み」(ちゃつみ)は、日本の唱歌(文部省唱歌)。作詞作曲ともに不詳。
摘という字は小学校で教えないので教科書では「茶つみ」と表記しているとか。

初夏に見られる茶摘みの光景を歌った軽快な歌です。
1912年(明治45年)に刊行された『尋常小学唱歌 第三学年用』が初出で、2007年に「日本の歌百選」に選ばれています。

「せっせっせーのよいよいよい」で始まる手遊び歌としても流行っていましたね。
(茶葉を摘む手つきを真似たそうです)

夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは
茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠

日和つづきの今日此の頃を、
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ 摘め摘め
摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ

Summer is just around the corner
on the eighty eighth night,
The green is all over hills and streets,
Look, can you see tea-leaf pickers
with red tasukis on shoulders and baskets in hand?

茶摘みは英語で、tea‐picking

Tea processing is the method in which the leaves from the tea plant Camellia sinensis are transformed into the dried leaves for brewing tea.

The categories of tea are distinguished by the processing they undergo. In its most general form, tea processing involves different manners and degree of oxidation of the leaves, stopping the oxidation, forming the tea and drying it.

八十八夜とは?

八十八夜(はちじゅうはちや)とは雑節の一つで、
立春(2月4日ごろ)から数えて88日目の日を指し、毎年5月2日頃がこの日にあたるそうです。

茶摘み娘のレンタル衣装で茶摘み体験

最近では、この時期にお茶を摘む貴重な体験ができる茶園もあるそうです。
茶摘み衣装のレンタルで茶摘み娘になるというオプションもあるとか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク