船井総研の株主優待はQUOカード


%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%97%85%e8%a1%8c

株主優待という制度は日本ではよく聞きますが、
諸外国ではほとんど実施されていなようです。「株主優待ってなに?」って
聞き返されるかもしれません。

スポンサーリンク

株主優待とは

株主優待は、株式会社が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。 略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともあります。

日本では約3000社の上場企業のうち1100社が広く実施されている制度ですが、
その法的な義務は無く個別の判断に委ねられているため定めない企業もある。
諸外国ではほとんど行われていないようです。

株主優待の導入企業、1113社で過去最高

野村インベスター・リレーションズ(野村IR)は7日、株主優待制度を導入する上場企業が2月末時点で1113件となり、 過去最高に達したと発表した。上場企業の29.5%にあたる。株主優待の導入企業は2007年に1000件を超えて以降、08年のリーマン・ショック後に一時減ったものの、10年からは再び増勢が続いている。 (野村IR調べ2014/3/7付)

船井総研の株主優待はQUOカード

株式会社船井総研ホールディングス

株式会社船井総合研究所は、大阪府大阪市中央区の経営コンサルティング会社。
創業者は舩井幸雄。2000年に3代目社長に小山政彦が就任、2005年に東証一部に上場。2010年3月に4代目社長の高嶋栄が就任。
年間のクライアント社数は、約8,000社。クライアント企業の業種属性は、BtoCビジネスからBtoBビジネスまで幅広く、アミューズメント、不動産、小売、飲食・サービスなど細かく業種・業態・分野を分けて区分すると約140分野以上にもなるという(現時点)。BtoCビジネス、さらには、サービス業を生業とするクライアント企業の比率が高い。

船井総研の株主優待はQUOカード

100株以上1,000株未満保有
QUOカード500円相当分 クオカード

1,000株以上5,000株未満保有
QUOカード1,000円相当分

5,000株以上10,000株未満保有
QUOカード5,000円相当分

10,000株以上保有
QUOカード10,000円相当分

funai-sharewholder-bebefit-gifts-quo_smile

株主優待は英語で、shareholder benefits

Shareholder Benefit Gifts(Funai Soken Holdings Incorporated)
Eligibility:Shareholders listed in the shareholders’ register on December 31 are eligible to receive that year’s shareholder benefit gifts.

Timing:Shareholder benefit gifts are generally scheduled to be sent out in late March following the settlement of accounts.

Gifts and their value:
Holders of between 100 and 999 shares
1 x 500-yen
QUO card QUO-card

Holders of between 1,000 and 4,999 shares
1 x 1,000-yen
QUO card

Holders of between 5,000 and 9,999 shares
1 x 5,000-yen
QUO card

Holders of 10,000+ shares
1 x 10,000-yen
QUO card

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク