2017初日の出フライト


2017ana%e5%88%9d%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%87%ba%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

2017年初日の出フライトの情報です。
ANA、JALともに11月16日から発売予定です。

さてさて、予約は殺到するのか、それとも、けっこうすんなりと
購入できるのでしょうか?

2018年は初日の出フライト、挑戦したいものです。

スポンサーリンク

ANA2017年初日の出フライト

ANAの初日の出フライトについては、すでに、一度、紹介していますが、もう一度、JALの初日の出フライトとの比較も含めて。

出発は、羽田空港か名古屋空港のどちらかを選択できます。
料金プランは以下のようになっています。

二人分で、コースによって、6万円~10万円コースまで。枡酒・お土産がお持ち帰り用として含まれた料金です。

ana%e6%96%99%e9%87%91

旅行代金に含まれるもの

・初日の出フライトの航空運賃 ・お弁当代 ・搭乗証明書代 ・枡酒(未成年のお客様はジュース) ・お土産代 ・国内線旅客施設使用料

※枡酒・お土産はお持ち帰り用となります。
※各コース初日の出フライト2名様分
※3名でお申し込みの場合、3人目のお客様は追加代金が必要となります。

⇒ ANAの公式ホームページ

JAL2017年初日の出 初富士フライト

一方、JALは出発が、羽田空港。ネーミングは少し豪華で、初日の出 初富士フライトとなっています。1名からの応募も可能な料金体系になっています。JALの場合、おふたりの料金が81,000円から140,000万円までとANAより少し高い設定になっています。紅白まんじゅうがついているところも特徴でしょうか。

2017jal%e5%88%9d%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%87%ba%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

● 出発日 : 2017年1月1日
● 出発地 : 東京(羽田空港)
● 食事 : 朝食付き(おせち風弁当)
● 募集定員 : 340名(最少催行280名)
● 添乗員 : 同行いたしませんが、現地係員がご案内いたします

● 旅行代金は座席のクラスや位置により異なります。上記のシートマップをご参照のうえ、旅行代金をご確認ください。
● グループでご予約される場合、可能な限りお近くの座席になるよう調整いたしますが、ご期待に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
● ご予約の際、座席はご指定いただけません。お座席番号は当日、羽田空港にて搭乗手続きの際にご案内させていただきます。
● 全座席クラス「升酒」のお土産をご用意いたします。※未成年の方はジュース
● ファーストクラスは機内でお飲みいただけるシャンパンミニボトル(1本)をご用意いたします。(アルコールをお飲みになれない場合は、お持ち帰りいただけます。)
● チャーター便となりますので定期便の機内サービスとは異なります。
● 「ファーストクラス」、「クラス J」におきましても、「普通席」と同じサービス内容になりますのであらかじめご了承ください。

jal%e6%96%99%e9%87%91
旅行代金に含まれるもの

● チャーター便航空運賃
● 羽田空港旅客施設使用料
● 記念搭乗証明書代
● おせち風弁当・お茶代
● 紅白まんじゅう代
● 升酒代 ※未成年の方はジュース
● シャンパンミニボトル代(ファーストクラスのみ)
● 現地係員経費等
● 消費税等諸税

⇒ JAL公式ホームページ

さあ、あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク