ふるさと納税(Hometown Tax)は楽天サイトがいいかも?


furusato

ふるさとに納税してますか?

「納税」っていう名前がついてますが、
実は、市区町村への「寄附」なんです。

でも、単なる寄附ではありません。
なんと、原則、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象。
しかも、寄付金の額に応じて、その地域の特産品を返礼品としていただける‥

お礼の品は食品ばかりではないんですよ。家電製品をお礼に受け取れる自治体も‥

小額でもいいから、自分の生まれ育った故郷に寄附してみようって気になりますよね。
「ワンストップ特例制度」を利用すれば、給与所得者が確定申告を行わなくても大丈夫。

スポンサーリンク

ふるさと納税は英語で、Hometown Tax

Hometown tax From Wikipedia, the free encyclopedia

Hometown Tax (ふるさと納税) is a system in Japan that allows taxpayers who live in urban areas to contribute to rural areas in return for a credit from income tax and residence tax. It was created by Yoshihide Suga in 2007.[1] On July 5, 2014, Suga’s chief cabinet secretary announced that they had established the preparatory office for the “local headquarters”.

The local headquarters was established in order to help increase the number of children, especially in rural areas, and to promote development of self-governing bodies. Promoting “hometown tax” is included in these activities.[2]

ふるさと納税の実績額

総務省の発表による2008年からの実績は以下の通りで
2015年は、なんと100万人を突破。

2008年 33,149人 ¥7,259,958,000
‥  ‥
2014年 435,720人 ¥34,111,165,000
2015年 1,298,719人 ¥147,103,026,000

ふるさと納税の利用者は急増しています。

There’s been a rapid increase in the number of people making use of the hometown tax payment system.

ワンストップ特例制度とは?

確定申告が不要な給与所得者(サラリーマンなど)がふるさと納税で税金の控除を受ける場合、 これまでは確定申告が必要でしたが、 「ワンストップ特例制度」は、給与所得者が確定申告を行わなくても ふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。

特例の申請には寄附先が5自治体以内、ふるさと納税を行う際にそれぞれの自治体に申請書を提出する、 などいくつかの決まりがあるのでご注意ください。

楽天ふるさと納税で家電製品をゲット!

そうなんです。返礼品は食品ばかりではないんですよ。
家電製品をお礼に受け取れる納付先もあります。

たとえば、
茨城県日立市、長野県千曲市、岐阜県七宗町、長野県富士見町
⇒ 楽天ふるさと納税:詳細ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク