手前味噌ですが、味噌の由来や作り方


miso

I don’t mean to boast, but…

日本の伝統的な食品の一つ、味噌(みそ)。

味噌(みそ)は、大豆や米、麦等の穀物に、
塩と麹(こうじ)を加えて発酵させて作る発酵食品です。

味噌の歴史は古く、弥生時代からとする説もありますが、
現在の味噌の起源は、奈良時代の文献に見られる「未醤」(みさう・みしょう:まだ豆の粒が残っている醤の意味)と言われています。

Miso From Wikipedia, the free encyclopedia

Miso (味噌) is a traditional Japanese seasoning produced by fermenting soybeans with salt and koji (the fungus Aspergillus oryzae) and sometimes rice, barley, or other ingredients. The result is a thick paste used for sauces and spreads, pickling vegetables or meats, and mixing with dashi soup stock to serve as miso soup called misoshiru (味噌汁), a Japanese culinary staple.

*seasoning:調味料
*ferment:発酵させる

スポンサーリンク

手前味噌の由来、語源は‥昔は自分の家で味噌作り

田舎では今でも自分(=手前)で味噌を作っていますが、
昔は隣近所が集まって、大なべで大豆をにて麹と塩をいれてみそを作ったそうです。
自分で作ったみそ(味噌)、だから、手前味噌と呼ばれます。
これが、手前味噌の由来です。

大なべで味噌を仕込んでも、各自が家に持ち帰って熟生させるときの温度や湿度の違いで
それぞれ違った味の味噌になるとか‥。自分好みの味噌、つまり、手前味噌の完成です。
奥が深いですね。

手前味噌の類語、言い換え

少し恐縮しながら自慢のような感じの発言をする場合などに
「手前味噌ではありますが」「これは手前味噌ですが」「手前味噌ながら」などと前置きして
話し言葉では使われます。

手前味噌と同じ意味、「自分で自分を褒める」という意味の4字熟語を調べてみました。

「自画自賛」:自分で自分を褒める
「我田引水」:物事を、自分に都合のいいように言ったりしたりする

手前味噌を英語で表現すると‥

I don’t mean to boast, but…

手前味噌のレシピ、作り方

こちらのサイトに詳しく記述されています。
https://www.misoya.com/shop/handmade/howto.aspx

(1)大豆を水でよく洗う
(2)大豆に給水させる
(3)大豆を煮る
(4)「塩切り麹」を作る
(5)大豆をつぶす
(6)「仕込み味噌」を作る
(7)桶に仕込む
(8)熟生(半年~1年)

手前味噌キット

miso-set水煮大豆をつぶして塩こうじを混ぜるだけの、
簡単な手前味噌キット。準備するのはボウルとふきんだけ。

大豆をつぶしたら、付属の塩こうじと混ぜ、
塩こうじが入っていた袋に戻し
およそ2ヶ月間置いておくだけで、
味噌の出来上がり!

仕上がり約500gと少量ですので、
手前味噌づくりの導入編として
お試しいただけます。
かんたん手前味噌キット <米みそが約500g仕込めます> 【五味醤油株式会社】

手作りみそー☆
作り方はとても簡単でした。普通のみそ作りは冬に仕込むイメージがあり、暖かくなる時期にできるのかなー?と不安でしたがとても良い具合にできました!!
同封の作り方に、さまざまな疑問への回答もあって安心できました♪
大豆の味がしっかりして、寝かせると塩のかどがとれてまろやかになりとても美味しいお味噌ができました☆
工程や、ひと月ごとの変化が見て分かりやすいので、初めてのみそ作りに挑戦する人にも楽しめますよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク