宇宙船は英語で、spacecraft


宇宙

たまには、

夢のある話がいいですね。

さぁ、宇宙を開拓しましょう!

あのホーキング博士はアルファ・ケンタウリへ宇宙船を飛ばし、

地球外生命体を探るそうです。地球に最も近い恒星系であるアルファ・ケンタウリ(Alpha Centauri)に、人類が居住可能な場所が見つかる可能性がある、らしいです。アルファ・ケンタウリは地球から4.37光年離れた恒星。

ちなみに、

1光年とは、光の速度で、1年間進み続け到達出来る距離のこと。光の速度は秒速30万キロ(1秒間に地球を7周半するスピード)なので、1光年とは、約9兆4千600億キロになるんです。太陽と地球の距離は約1億5千万キロなので、‥

想像できませ~ん。

月へ向かったアポロの速度は秒速11km位だったとか。

なので、この速度で、アルファ・ケンタウリへ向かうと‥

まぁ、はるか未来の話ですかね~

Internet investor, Stephen Hawking aim to send tiny spacecraft
to nearest star, possibly find life

With famed physicist Stephen Hawking at his side, an Internet investor announced Tuesday
that he is spending $100 million to send a light-propelled mission to another star.

ホーキング博士の名言

人類は、大惨事がないまま永久に地球に生存し続けることなどできないと思っています。
なので、人類滅亡のリスクを最小限にするためにも、ひとつの惑星にとどまらずに、
宇宙に飛び出して欲しいですね

ホーキング博士はアルファ・ケンタウリへ宇宙船を飛ばし、地球外生命体を探る

BuzzFeed Japan 4月13日(水)16時29分配信

物理学者のスティーヴン・ホーキング博士、
ロシアの投資家で物理学者のユーリ・ミルナーは12日(現地時間)、
新たな地球外生命体の探査に乗り出すことを発表した。【BuzzFeed Japan】

ホーキング博士の本

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)1995/4

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)

宇宙のイラスト
GATAG|フリー画像・写真素材集 3.0
ここのフリー素材はすばらしい!

ロケット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク