気象予報士(Meteorologist)の年収や合格率


fuji-san-sorakara

気象予報士といえば、お天気キャスターとしておなじみの
森田正光さんが真っ先に思い浮かびますが、

石原良純さん、そして、あのカラテカ矢部さんも気象予報士なんです。

さて、気象予報士の資格試験は難関といわれていますが、
合格率や、年収などは、‥

気象予報士は、国家資格の一つ

気象予報士は、日本の国家資格の一つで、気象業務法第3章の2に基づいて、
指定試験機関(気象業務法第24条の5、財団法人気象業務支援センター)が実施する
知識及び技能についての試験(以下、気象予報士試験という)に合格した者(同法第24条の4)であって、 気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいいます。

1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても 実施されることになった際、その予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設されました。 第1回試験は、1994年8月28日に実施されている。

2015年10月現在における史上最年少合格者は、2012年に12歳11ヶ月で合格した中学1年生の男子。 女性最年少は2015年に13歳8ヶ月で合格した中学2年生。

スポンサーリンク

気象予報士 合格率

気象予報士になるには、気象予報士の資格試験を受験しなければなりませんが、
一般的に難関といわれている気象予報士の資格試験、どのくらいの合格率なのでしょうか?

たとえば、2015年1月に実施された第43回試験では3,116人が受験しましたが、合格者は130人のみで、 合格率は受験者数に対して例年5%前後となっているようです。

気象予報士 年収(by careergarden)

気象予報士の年収・給与は、当然、勤め先によって異なってきます。
資格取得後、一般企業や民間気象会社、メディア関係などに就職する場合、
また、自衛隊の気象予報官や気象庁職員などの国家公務員になるケースもあります。

年収・給与はその勤め先によって大きく変わりますが、
一般的には国家資格を持った専門職であるからといって高給が望めるというわけではありません。
民間のシンクタンク、気象会社などの場合、気象予報士の年収や給料はその企業の規定に沿って決まります。
一般的な総合職の社員と変わらない会社も多いですが、中には専門職の手当が付く会社も見られます。
平均的な年収は、ボーナス込みで500万円から600万円前後の場合が多いようです。

気象予報士は英語で、Meteorologist

以前に、「気象予報士」を英語で何と表記するかがかつて議論されたようです。
その結果、「気象の専門家」を意味する「Meteorologist」を採用して
「Certified and Accredited Meteorologists of Japan(CAMJ)」を、日本気象予報士会の英語名称にした経緯があります。
*気象庁:Japan Meteorological Agency
*気象台:meteorological observatory
*気象注意報:weather advisory
*気象予報士:Meteorologist、certificated weather forecaster
*降水確率:chance of rain / probability of precipitation など
*洪水警報:flood warning

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク