住宅減税は英語で、housing tax reduction


住宅

住宅リフォームと減税

住まいをある基準を充たしてリフォームした人に限り、受けることができる所得税と固定資産税の減税制度があります。また、住宅取得のために融資を受けた場合に受けられる
住宅ローン減税は、リフォームにも適用されます。

そして、贈与税の非課税措置の拡充もあります。

こういった減税策は、長引く景気低迷への対抗措置の意味が大きいものの、既存住宅を長く使用するストック型社会の構築を目指す、長い目でみた国の政策にも沿ったものです。

現行の制度では、年度で区切られる法律の特性上、減税を受けられるリフォーム工事の時期に期限が設定されていますが、その期限を過ぎれば減税がなくなるということではありません。

As for the sales of the existing-home, which accounted for approximately 90% of the number of sales, a reactionary decrease phenomenon occurred in July after rush demand by the housing tax reduction system38 from 2009 to 2010.

販売件数の約9割を占める中古住宅販売は、2009~2010年の住宅減税制度38によって駆け込み需要があった後、7月に反動減が発生した。

所得税の控除

住宅リフォームで、適用条件を満たすリフォーム工事を行った場合、税務署への確定申告で必要な手続きを行うことで、所得税の控除を受けることができます。

住宅ローンを組んでリフォームした場合に適用される減税制度が、「ローン型減税」です。減税額の大きいバリアフリー・省エネリフォーム対策のものに加えて、それ以外のさまざまなリフォームに適用できるローン型減税があります。

ローンを組まず、自己資金でリフォームを行った場合に適用されるのが「投資型減税」です。

当初は耐震、バリアフリー、省エネの各リフォームについての制度がありましたが、バリアフリーと省エネは2010年末で終了し、現在は耐震リフォームの制度が継続しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク