殺菌剤は英語で、fungicide


%e8%9a%8a%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b7%9a%e9%a6%99

よく使われる、pesticidesは殺虫剤(駆除剤)で、そのほかに、fungicide(殺菌剤)、herbicides(除草剤)、insecticides(殺虫剤)もありますが、使い分けとして、pesticidesは、pest=「害」と-cide=「殺」で「害を殺すもの」なので、殺虫剤、除草剤、殺菌剤の総称と考えればいいようです。

で、fungicideにもどって、fungiは、fungus(菌) の複数形で、意味としては、植物に対する病原性を有する微生物を殺す、または増殖を抑止するための薬剤(殺菌剤)をいう。植物病原菌には細菌よりも真菌(カビ類)が多いので、英語ではFungicide(殺真菌剤、防かび剤)と総称することが多いようです。

Fungicide From Wikipedia, the free encyclopedia

Fungicides are biocidal chemical compounds or biological organisms used to kill fungi or fungal spores. A fungistatic inhibits their growth. Fungi can cause serious damage in agriculture, resulting in critical losses of yield, quality, and profit. Fungicides are used both in agriculture and to fight fungal infections in animals. Chemicals used to control oomycetes, which are not fungi, are also referred to as fungicides, as oomycetes use the same mechanisms as fungi to infect plants

What are Fungicides?

Fungicides, herbicides and insecticides are all pesticides used in plant protection. A fungicide is a specific type of pesticide that controls fungal disease by specifically inhibiting or killing the fungus causing the disease.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク