自律神経失調症は英語で、autonomic imbalance


だるい女性

交感神経と副交感神経

ご存知でしょうか?

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があって、

これら2つの神経は互いに協調して働いています。

でも、自分の意志ではコントロールできません。

交感神経が体を支配すると体はアクティブな状態になり、

副交感神経が支配すると、体はリラックスした状態になります。

たとえば、交感神経と副交感神経は次のように全く正反対の働きをします。

体の部位    交感神経    副交感神経

目      瞳孔が拡大   瞳孔が縮小

心臓     鼓動を促進   鼓動を抑制

血圧     上げる     下げる

で、

この交感神経と副交感神経の働きのバランスが乱れると

自律神経失調症(autonomic imbalance)になるわけです。

*自律神経失調症:autonomic imbalance、dysautonomia、autonomic neuropathy

自律神経失調症の症状

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに

動悸が起こる、血圧が激しく上下する、急に立ち上がるときに立ち眩みが起こる、

朝起きられない、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、倦怠感、不眠症、

生理不順、味覚障害といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、

被害妄想、鬱状態など精神的な症状が現れることも多いようです。

スポンサーリンク

自律神経失調症の原因

薬物やアルコールの過剰摂取、また女性では更年期が原因のホルモンバランスの

乱れ等があります。

Dysautonomia (or autonomic neuropathy) is a term for various conditions
in which the autonomic nervous system (ANS) does not work correctly.

Dysautonomia is a type of neuropathy affecting the nerves
that carry information from the brain and spinal cord to the heart, bladder,
intestines, sweat glands, pupils, and blood vessels.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク