禅(Zen)の修行とグーグル


zen
禅は、大乗仏教の一派である「禅宗」(ぜんしゅう)の略ですが、
「座禅」(坐禅)の略としての意味も盛っています。
南インド出身で中国にわたった達磨が祖で、坐禅を基本的な修行形態としています。
ただし、坐禅を中心に行う仏教集団が「禅宗」と呼称され始めたのは中国の唐代末期からだそうです。

*大乗仏教(Mahāyāna Buddhism):仏教の分派の一つ。自身の成仏を求めるにあたって、まず苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)を救いたいという心、つまり大乗の観点で限定された菩提心を起こすことを条件とする仏教のこと。
*小乗仏教(Hinayana Buddhism):個人の解脱を目的とする教義を、一人しか乗せられない小さな乗り物に例えたもの。現在では部派仏教と呼ばれる。

Zen From Wikipedia, the free encyclopedia

Zen is a school of Mahayana Buddhism that originated in China during the Tang dynasty as Chan Buddhism.
It was strongly influenced by Taoism and developed as a distinguished school of Chinese Buddhism. From China, Chan Buddhism spread south to Vietnam, northeast to Korea and east to Japan, where it became known as Japanese Zen.

スポンサーリンク

シリコンヴァレーが、「禅」にハマる理由

以前、グーグルやフェイスブックが瞑想に夢中になっているということがニュースになっていました。
グーグルやフェイスブックでは、瞑想が生産性を上げるツールであり、
悟りはオープンソースでシェア可能なコードにほかならない、とのこと。
仏教数千年の教えをデータ主義、成果主義でハックしようとシリコンヴァレーのエンジニアたちは目論みだとか。

「座禅」の修行ができる場所は?

禅宗には、臨済宗(宗祖栄西)、曹洞宗(宗祖道元)という2つの大きな流れがありますが、
そもそも、五家七宗と呼ばれるように、けっこう複雑ですが、日本には、日本禅宗25流というように もっとあるようです。

*禅宗五家:臨済宗・潙仰宗・雲門宗・曹洞宗・法眼宗
*五家七宗:上記に臨済宗から分れた黄竜派と楊岐派を合わせて「七宗」


で、「座禅」の修行ができる場所ですが、‥

福井県・永平寺
京都・萬福寺
鎌倉・円覚寺
などなど


ちなみに、鎌倉はまさに禅宗の発祥地であり、中でも鎌倉五山(5つの寺)は有名です。

別格 京都・南禅寺
鎌倉五山:建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺
京都五山:天龍寺(第一位)、相国寺( 第二位)、建仁寺(第三位)、東福寺(第四位)、万寿寺(第五位)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク