Your English improved, didn’t you!?(上達しましたね)


外人

英語は上達しましたね、って言われるような勉強法が大切なんですが‥
日本の英検にはいろいろと批判がありますが、覚えること好きな日本人に向いているのかもしれません。
結局、習うより慣れろ、ということだと思います。

Is the Eiken doing Japan’s English learners more harm than good?

by Hans Karlsson
Critics argue that the Eiken proficiency exams focus too heavily on vocabulary, grammar and the written word at the expense of fluency.

The Eiken tests have traditionally been seen as the standard for English proficiency certification in Japan, and a ticket to a well-paying job. Hundreds of thousands of people pass the tests every year,
which makes you wonder where they are all hiding, as proficient English speakers can seem few and far between in this country.

*at the expense of ~:~を犠牲にして

ケンブリッジ英語力検定試験(Cambridge Examination)と5つのレベル

The Cambridge-Exam は最もよく知られている試験の一つで、個人がどれだけイギリス英語を知っているかを見るための試験です。次のレベル別に試験が行われ、The Certificate in Proficiency in English / CPEはイギリスの大学で勉強するために必要です。

ケンブリッジ英語検定の5つのレベル
Key English Test (KET)
Preliminary English Test (PET)
First Certificate in English (FCE)-most popular exam
Certificate in Advanced English (CAE)
Certificate in Proficiency in English (CPE)

CPEは最上級レベルで、TOEICで約990点、TOEFLで約670点レベルネイティブレベルの英語能力があるかどうかを測定。英語圏の大学で、入学時に必要な英語力の証明として採用している他、世界各国の各機関で認められている。

英検1級を目指すと英語の上達が遅れる

英検1級を目指すのは「労多くして功少なし」です。難しい単語の暗記や聞き取りの練習に嫌気がさしてしまいます。 合格したとしてもまだ「英語で考える」力はついていません。銅メダル時代は日本語から英語へと頭を切り替えることを最優先すべきです。今日は銅メダルの上位から銀メダルを目指すかた向けのアドバイスです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク