プロテインは英語で、protein


ダイエット

プロテイン(protein)は、タンパク質のことなんですが、
いまの日本語で「プロテイン」といった場合は、
タンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指すようです。

Protein (nutrient) From Wikipedia, the free encyclopedia

Amino acids are necessary nutrients. Present in every cell, they are also precursors to nucleic acids, co-enzymes, hormones, immune response, repair and other molecules essential for life.
Proteins are essential nutrients for the human body. They are one of the building blocks of body tissue, and can also serve as a fuel source. As a fuel, proteins contain 4 kcal (17 kJ) per gram, just like carbohydrates and unlike lipids, which contain 9 kcal (37 kJ) per gram. The most important aspect and defining characteristic of protein from a nutritional standpoint is its amino acid composition.

プロテインの種類

プロテインには原料や製法の違いによって4つの種類があります。

●ホエイプロテイン
原料:牛乳から作られるホエイ蛋白(乳清)を使用。
特徴:摂取後の消化が速く、タンパク質合成を促進する。また、他の原材料のプロテインと比較すると相対的に安価。
●カゼインプロテイン
原料:牛乳に含まれるカゼイン蛋白を使用。
特徴:摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい。やや高価である。
●ソイプロテイン
原料:大豆たんぱくを使用。ホエイプロテインより安価な製品がある。
特徴:大豆イソフラボンの作用を受ける。摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい。
消化が遅いため満腹感が有り、ダイエットやフィットネスに用いる人もいる。粉っぽく、飲みにくい。
●エッグプロテイン
原料:鶏卵などの卵白を使用。高価なため、専用の商品は入手が困難。
マヨネーズメーカーが副産物として乾燥した卵白を、製菓材料向けに販売しているケースが見られる。
特徴:自宅で卵から卵白を調達する場合、卵黄の処理方法を考える必要がある。

スポンサーリンク

プロテインダイエットと痩身の関係?

最近のダイエットブームで注目されてるプロテインダイエット。痩せる(痩身)ことを目的として プロテインを摂取するようになってきましたが、そもそもプロテインは単なる栄養補助食品なので、 運動やトレーニングをせずに、通常の食事に加えてプロテインを摂取するのは、
食事量が増えるだけで肥満につながる事があります。なのでダイエット目的の場合は、プロテインを摂取する分、食事を制限する 必要があります。そのあたりのメカニズムをよく理解してから必要なプロテインを摂取しましょう!
口コミで評判のプロテインダイエットは、DHC、明治、ザバスですね。

Bodybuilding supplement From Wikipedia, the free encyclopedia
Bodybuilding supplements are dietary supplements specifically marketed to those involved in bodybuilding, weightlifting and athletics. Among the most widely used are vitamins, protein, branched-chain amino acids (BCAA), glutamine, essential fatty acids, meal replacement products, creatine, weight loss products and testosterone boosters. Supplements are sold either as single ingredient preparations or in the form of “stacks” – proprietary blends of various supplements marketed as offering “synergistic advantages”. While many bodybuilding supplements are also consumed by the general public, their salience and frequency of use may differ when used specifically by bodybuilders.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク