現在進行形は英語で、present progressive form


外国人

あのジャパンタイムズ(The Japan Times)でときどき、日本語に関する記事が掲載されます。外国人にとって、どのように日本語が見えているかを、とても興味深い視点から考察しています。今回は、日本の人気コメディアン、とにかく明るい安村さんのフレーズに焦点をあてたものでした。

Repetition and role-play are crucial for speaking success in Japanese
by Daniel Morales

The recently popular comedian とにかく明るい安村 (Tonikaku Akarui Yasumura, That Yasumura Who’s at Least Cheerful) is a great place to start. Try echoing his catch phrase 安心してください。履いてますよ (Anshin shite kudasai. Haitemasu yo, “Don’t worry. I’m wearing [underwear]”), which he uses to reassure his audience that he is not in fact naked, although it may appear so because of the way he positions his body.

This phrase is a great way to remember the present progressive form in Japanese. Feel free to pun on this line. If you’re out drinking with friends, just let everyone know: 安心してください。飲んでますよ (Anshin shite kudasai. Nondemasu yo, “Don’t worry. I’m drinking”).

*present progressive form:現在進行形
*pun on this line:このせりふ(口癖)をもじる

シャドーイングは第二言語習得に有効!

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術のことです。対象者はただ復唱するように指示されても、自動的に文法や意味を処理します。
シャドーイングで復唱される言葉の方が、単に音読する場合より、より口調などの模倣が忠実に行われるという特徴があります。第二言語習得においてリスニングやスピーキング能力の改善のためにも応用されています。

Speech shadowing From Wikipedia, the free encyclopedia

Speech shadowing is an experimental technique in which subjects repeat speech immediately after hearing it (usually through earphones). The reaction time between hearing a word and pronouncing it can be as short as 254 ms or even 150 ms. This is only the delay duration of a speech syllable. While a person is only asked to repeat words, they also automatically process their syntax and semantics. Words repeated during the practice of shadowing imitate the parlance of the overheard words more than the same words read aloud by that subject. The technique is also used in language learning.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク