「尿酸値を下げる」は英語で、lower the uric acid level


膝痛

尿酸値(uric acid level)とは

そもそも、尿酸値(uric acid level)とは何かご存知でしょうか?
専門的になりますが、尿酸とは細胞中にある核酸の構成物質であるプリン体が、肝臓で分解されて生じる老廃物のことで、 尿酸値とは、血液の液体成分中(血清:serum)における尿酸の濃度を表したものです(血清尿酸値とも呼ばれます)。

尿酸値が基準値を超えると痛風になるの?

実は、尿酸は私たちの体内にも一定量あって、血液などと一緒に体内を循環し、尿の中に排泄されます。

しかし、血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えるとからだの中に蓄積していき、尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着します。 この尿酸塩に対して白血球が反応し、攻撃する時に痛風発作が生じるわけです。

男女ともに血清尿酸値が7.0mg/dLまでは基準値内ですが、これを超えると高尿酸血症と呼ばれる状態になり、痛風発作が起こります。
つまり、尿酸は痛風発作の原因となる物質なのです。

尿酸値を下げる方法は?

食生活(食べ物)、飲酒、ストレスなどが尿酸値を上昇させる原因になっているといわれています。

一般的に、肉食は痛風を増やし、逆に、野菜や乳製品は痛風を減らすと考えられています。
また、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなるため、食事を減らし、適度な運動(ウォーキングなど)、標準体重を守ることが重要です。

次にアルコール飲料ですが、アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるので
(アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られるため)、そもそもアルコール飲料は尿酸値や痛風にはよくないのですが、 尿酸の素になるプリン体はビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていないので、 飲む機会の多い人は、お酒の種類などに注意をする必要があります。
さらに、ストレスも尿酸値を上昇させる原因になっているようなので、日々の生活の中で、
ストレスを上手に発散させるように心がけましょう。

痛風は英語で、gout

痛風とは高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患で、名痛み (発作の箇所) が
風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を移動し、
尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す
(痛みの悪風に中 (あた) る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある) ことから命名されました。

Gout From Wikipedia, the free encyclopedia

Gout (also known as podagra when it involves the big toe) is usually characterized by recurrent attacks of inflammatory arthritis—a red, tender, hot, and swollen joint. Pain typically comes on rapidly in less than twelve hours. The joint at the base of the big toe is affected in about half of cases. It may also result in tophi, kidney stones, or urate nephropathy.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク