上場企業は英語で、listed company


胡蝶蘭

そもそも、上場とは、株式や債券などの有価証券や商品先物取引の対象となる商品(石油、砂糖など)を取引所(市場)において売買可能にすることです。株式を上場する場合は株式公開(Initial Public Offerings; IPO)ともいい、特に、東京などの金融商品取引所へ株式を公開する場合を指します。

*上場する:get listed(株式を)
*私たちは2002年に株式上場しました:We listed our stock in 2002.

上場に関する英語の例文

Emerging equity exchanges should decide whether a company should be listed not on the basis of its performance at the time of listing but rather in view of its potential and prospects, and indeed they have been conducting examinations in such a manner. It would make sense, accordingly, if reviews are conducted in a certain period of time after a company is listed to see how fast it grows after the listing and to compare its outlook given when listed with its actual performance.

新興株式市場は、上場時点での企業業績よりも、むしろ、当該企業の成長性・将来性を評価して上場の是非を判断するべきものであり、実際にそうした方向で上場審査の運用が行われてきたところ、上場後の成長動向、上場時の見通しと実績との差異について、上場一定経過期間後にレビューを行うことも有効である。(経済産業省)

2016年に上場した儲かり企業(がっちりマンデー)

TV番組のがっちりマンデーで、「僕たち上場しました2016  最新の儲かり企業が続々!」という企画がありました。副題が、不況にも負けず上場したがっちり会社のヒミツを大公開というものです。
4社ほど紹介されましたが、一番興味を引いたのが、アートグリーン株式会社という胡蝶蘭で上場した企業です。年間約17億円の売り上げがあるんです。

*胡蝶蘭は英語で、Phalaenopsis

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク