ピーマンは英語で、green pepper


ピーマン

ピーマンは英語で、green pepper

日本でピーマンとして販売されるものは、
明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で
緑色のものが多いのですが、最近はカラーピーマンも出回っています。
ピーマンは英語では
「Green pepper」、「Bell pepper」、「Sweet pepper」などと呼ばれるそうです。

また、加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わり、
英語では「Red pepper」、「Yellow pepper」などと呼ばれます。

Bell pepper From Wikipedia, the free encyclopedia

Bell pepper (also known as Jon’s Head or a pepper in the United Kingdom, Canada and Ireland, and a capsicum /ˈkæpsᵻkəm/[1] in Australia, India, Pakistan, Bangladesh, Singapore and New Zealand) is a cultivar group of the species Capsicum annuum.[2] Cultivars of the plant produce fruits in different colors, including red, yellow, orange, green, chocolate/brown, vanilla/white, and purple. Bell peppers are sometimes grouped with less pungent pepper varieties as “sweet peppers”. Peppers are native to Mexico, Central America, and northern South America.

茨城県神栖市は、ピーマン生産量が日本一

茨城県は日本一の農業県ってしっていましたか?

特に、神栖市の耕地面積は1,766k㎡で、
県土に占める割合は29.0%(平成19年)だそうです。

神栖市では古くから米・麦・落花生・スイカ・千両などがつくられ、
その後、葉タバコの栽培が盛んになりましたが、昭和40年頃から
鹿島開発による農業対策事業の推進により、生産性の高い施設園芸へと移行したとか。

代表的な農作物がピーマンで、ピーマン栽培は、
現在、生産量・作付面積が日本一です。

スポンサーリンク

ピーマンの栄養(nutrition of green pepper)

ピーマンはビタミン豊富な野菜で、
ピーマン1個あたり、およそ80mgのビタミンCが含まれています
(レモンと同等かそれ以上!)。

ビタミンCはメラニン色素を分解する働きがあるので、
夏の日焼け対策に十分摂りたい栄養ですね。
また、ピーマンに含まれるビタミンAは、油で調理することで吸収率がアップします。
ピーマンの肉詰めや、炒め物など、肉料理によく使われるのは、美味しいだけじゃなくて栄養価が高まる調理法だからだったのです。ビタミンAは体の粘膜部分を強化し、抵抗力をつけてくれます。風邪の予防にも効果大です。

ピーマンの料理、チンジャオロウスーは漢字で?

青椒肉絲(チンジャオロウスー、Green pepper steak)は、ピーマンと細切りにした肉などを炒めた中華料理。発祥の中国では豚肉を使用するのが標準で、牛肉を使用した場合「青椒牛肉絲(チンジャオニウロウスー)」、もしくは短縮して「青椒牛肉」、「青椒牛」などと表記するそうです。

肉詰めピーマンは英語で、‥

肉詰めピーマンは、ピーマンを縦半分に切ったものに、ハンバーグのタネを詰め、焼いたものである。

The stuffed bell peppers are made by cutting bell peppers lengthwise in half, stuffing the halves with hamburger mixture, and then baking them.  – Wikipedia

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク