蛍の光は英語で、glow of a firefly


ホタル

夏の風物詩、蛍。地方ではいろいろな場所で見ることができますが、都市部では限られています。 で、蛍の発光メカニズムって気になりますよね。難しい話になりますが、ホタルの発光物質はルシフェリンと呼ばれ、 ルシフェラーゼという酵素とATPがはたらくことで発光する、らしい。「敵をおどかすため」ために発光するという能力を 獲得したそうですが‥。

*蛍烏賊(いか):a firefly squid
*蛍石:fluorite
*蛍狩り:firefly catching
*蛍火:the glow of a firefly
*蛍狩りに行く:go out to catch fireflies

Firefly From Wikipedia, the free encyclopedia

The Lampyridae are a family of insects in the beetle order Coleoptera. They are winged beetles, and commonly called fireflies or lightning bugs for their conspicuous use of bioluminescence during twilight to attract mates or prey. Fireflies produce a “cold light”, with no infrared or ultraviolet frequencies. This chemically produced light from the lower abdomen may be yellow, green, or pale red, with wavelengths from 510 to 670 nanometers.

蛍の光の歌詞と由来

日本古来の歌と思っていましたが、実は、この曲は古いスコットランド民謡だとか。
「オールド・ラング・サイン(ザイン)」が原曲の題名のようです。
英語では、「old long since」で、「古き良き日々」という意味だとか。

蛍の光の歌詞

蛍の光 窓の雪
書読む月日 重ねつつ
何時しか年も すぎの戸を
開けてぞ今朝は 別れ行く

ホテル椿山荘東京(文京区)のほたるスポット

東京都のど真中でも蛍を観賞できるスポットがあります。文京区にあるホテル椿山荘東京。
ここホテル椿山荘東京の庭園は古来より椿が自生する景勝地で、明治時代に山縣有朋が私庭園にしたとか。 庭園のせせらぎのほとりで、5月下旬~6月いっぱい幻想的な蛍観賞を楽しむことができます。

・住所:東京都文京区関口2-10-8
・交通(電車):JR目白駅→都バス新宿駅西口行きで10分、
バス停:ホテル椿山荘東京前下車、徒歩2分 経路検索
・交通(クルマ):首都高速早稲田出口から都道8号経由1km5分
・駐車場:あり/400台/有料(要問合せ)
・営業時間:~23時
・定休日:無休
・問合先:03-3943-1111(代表)/ホテル椿山荘東京
・URL:http://www.hotel-chinzanso-tokyo.jp/

ホテル椿山荘

蛍を使った慣用句

*蛍二十日に蝉三日 : 旬の時期が短いことの喩え。
*蛍雪、蛍雪の功、蛍の光 窓の雪、車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい) : 東晋の車胤の故事から「夏はホタルの光で、冬は雪明りで勉強する」という意味で、苦学することの喩え。
*蛍火 : 蛍の光、淡い光から転じて、小さく消え残った火の喩え。

6月29日誕生日の作家:サンテグジュペリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク