113番元素:ニホニウム(Nh)は英語で、atomic element 113 ‘nihonium’


周期律表

ネーミングが最高ですね。ニホニウム(Nh)です。

理化学研究所の森田浩介グループディレクター(九州大学教授)らが発見した113番元素の名称が「ニホニウム」になることがわかった。 科学者で構成する国際純正・応用化学連合(IUPAC)が8日夜に発表する。 アジアで命名された元素が周期表に掲載されるのは初めて。

新元素は森田グループディレクターらが2004年7月、30番の亜鉛の原子を83番のビスマス原子に衝突させて核融合させることでつくった。同連合は2015年12月に森田グループディレクターらを発見者と認定し、命名権を与えた。

Japanese scientists name atomic element 113 ‘nihonium’

A team that discovered the atomic element 113 names it “nihonium,” after the Japanese name for Japan.

The team of researchers at Riken institute coined the name from “Nihon,” meaning Japan in Japanese, and gave the superheavy synthetic element the atomic symbol “Nh.”

The team, led by Kyushu University professor Kosuke Morita, secured the naming rights in December after creating the element three times in 2004, 2005 and 2012.

*atomic element 113:113番元素
*naming rights:命名権

世界で一番美しい元素図鑑(セオドア・グレイ著)

宇宙に存在するすべての元素のもっとも網羅的なポートレートで、
宇宙の根源の百科事典です。どの元素にも純粋状態と並んで、我々が日常
生活で見かける化合物や応用製品の代表例が美しい写真で紹介されて、科
学的な知見に基づいた解説文はユーモアにあふれ、その元素の発見、性質、用
途などについて意外なエピソードを教えてくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク