「禍福は糾える縄の如し」は、英語で、Tomorrow is another day


はすの花

禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如(ごと)し.

この諺の意味は、幸福と不幸は、より合わせた縄のように
交互にやってくるということ。

「吉凶は糾える縄の如し」や
「人間万事塞翁が馬」という表現もありますね。

なので、常に、このことを念頭において、
平常心を保ち、一喜一憂しない、ことが人生では肝要!

と言うことは簡単なのですが、

そこは、そうはいっても、生身の人間、精神はそんなに強くないものですね。

人生は、修行の連続なんですから‥

はい。

さて、出典ですが、2種類あるようで、

まずは、「漢書 賈誼伝」の以下の文

(白文)夫禍之與福、何異糾纆
(訓読)それ禍(わざわい)と福、何ぞ糾える纆(なわ、すみなわ)に異ならん。

さらに「史記 南越伝」に以下の文がある。

(白文)因禍為福、成敗之転、譬若糾纆
(訓読)禍によりて福となす、成敗の転ずること、譬れば糾える纆のごとし。

そして、これを英語(英訳)で表現すると、次のような言い方もあります。

Sadness and gladness succeed each other.
(悲しみと喜びは交互にやってくる)

英語のことわざ(一覧)は本もたくさんありますが、参考になるHPサイトは、

教訓 58. 不幸の後には幸福が来る。
http://www.wa.commufa.jp/~anknak/kyoukun058.htm

(a) Everything will turn out for the best.
《何ごとも最善に向かうものである》
(b) The worse luck now, the better another time.
《今は運が悪くても、いつかはよくなる》
「禍も三年経てば福となる」
「災いも三年たてば役に立つ」
(c) Tomorrow is another day.
《明日という日がある》
「明日は明日の風が吹く」

人生、くよくよしていても始まりません。

ところで、Tomorrow を使用した名言では、ガンディーの名言
思い浮かびます。

Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.

一方、Todayを使用した名言といえば、あのアップルを創業し、MacintoshやiPodなど数々の歴史的製品を生み出していったスティーブ・ジョブズの名言が思い浮かびます。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?
もし今日が人生最後の日だとしたら、今日これからやろうとしていることをやりたいだろうか?

また、今日や明日を使用したことわざとしては、

Tomorrow never comes. : 今日すべきことは今日せよ。

He that falls today may rise tomorrow.  七転び八起き

ついでに、次のことわざも英語で覚えましょう!

Haste makes waste.   急がば回れ

Practice makes perfect.   習うより慣れろ

人生、前を向いて!

はい!

スポンサーリンク

英語のことわざ おすすめ本

庶民の生活や知恵から出た社会常識を示す言葉。

ビジネスやスポーツ選手の経験からくる事柄の本質をうまくとらえた言葉。
そして人生の真実や機微を端的にまとめた先人の言葉。現代の生活にも通じ、
我々にその教訓や戒めを再認識させてくれる名言・ことわざを100集めました。

ミニマムで学ぶ英語のことわざ
北村孝一[目次]
第1章 きしる車輪は油をさされる/第2章 早起きの鳥は虫を捕える/第3章 美人というも皮一重/第4章 手中の鳥一羽は薮の中の二羽に値する/第5章 簡単に来るものは簡単に去る/第6章 終わりよければすべてよし
晴山陽一の英語ことわざコレクション新装版
ことわざは“人生の特効薬”辛口のコメントが、人生と英語力を豊かにします。[目次]
「第1文型」のことわざ-愚者はさまよい、賢者は旅をする/「第2文型」のことわざ-この世は長い旅路である/「第3文型」のことわざ-旅は心を広くする/「第4文型」のことわざ-絶望が臆病者に勇気を与える/「第5文型」のことわざ-過度の勉強は人をおかしくする/「There~」のことわざ-恐怖につける薬はない/「受け身」のことわざ-冗談の中に多くの真理が語られる/「過去分詞」のことわざ-酔っぱらいはいつも喉が乾いている/「It~to…」のことわざ-他人の不幸を耐えるのはたやすい/「不定詞」のことわざ“名詞用法”-自分を欺くのはたやすい〔ほか〕
日本語と似ている英語のことわざ (やさしい英語のことわざ このことわざ、英語でどう言うの?)
日本語と似た表現の英語のことわざを、日本のことわざをきっかけに、4コマ漫画と解説で学習します。日本語への興味・関心を英語へ広げながら、生の英語に触れられます。[目次]
時は金なりーTime is money./せいては事を仕損じるーHaste makes waste./壁に耳あり障子に目ありーWalls have ears./火のない所に煙は立たぬーWhere there’s smoke,there’s fire./金が物を言うーMoney talks./言うはやすく行うは難しーEasier said than done./過ぎたるはなお及ばざるがごとしーToo much of one thing is not good./死人に口なしーDead men tell no tales./降れば必ず土砂降りーWhen it rains,it pours./終わりよければすべてよしーAll’s well that ends well.〔ほか〕

人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ

Steve Jobs SPEECHES 人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ
〜人生の教訓はすべてここにある〜[ 国際文化研究室 電子書籍]

ジョブズが残した数々の名言、そしてあの歴史的スピーチも収録!

アップルを創業し、MacintoshやiPodなど数々の歴史的製品を生み出していったスティーブ・ジョブズ。彼の言葉や行動に人々が魅了されるには理由があります。自分の理想のためにはどんなに些細な妥協も一切許さずに、ビジョンに基いて突き進む姿勢。また、そのことで周囲に誤解を与えかねないことも辞さないほどの強い信念。そのすべてを兼ね備えたジョブズの言葉に、私たちは惹きつけられてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク