けだし名言、Learn as if you were to live forever.(Gandhi)


インドの宗教家、政治指導者であり

インド独立の父として知られる、マハトマ・ガンディー

(Gandhi:1869年10月2日 – 1948年1月30日)の名言

Gandhi

Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.

「明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい」

いまさらという感じですが、

先日のピョンチャンオリンピック(pyeongchang-olympic)で金メダルを獲得した

スピードスケートの小平奈緒(1986年5月26日 – )さんが引用した名言です。

スポンサーリンク

ガンディーの名言

それはけだし名言だ(That’s a well‐phrased remark.)。

その日にすることの決意を、毎朝の最初に行いなさい。

あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、

それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。

ガンディーのおすすめ本

やっぱり、伝記はまんがで読むのがおすすめです。たかはしまもるさんのガンジー (コミック版世界の伝記)や海老根一樹 さんのマハトマ・ガンジーマンガでわかる! 英語版(日本語訳付き) 偉人伝なんかはおすすめですね。

ガンジー (コミック版世界の伝記) [ たかはしまもる ]

ガンジーが生まれた頃、インドはイギリスに支配されていました。
インド人が差別される現実に心を痛めたガンジーは、非暴力不服従運動で、インドを独立へとみちびいていくのです。

マハトマ・ガンジーマンガでわかる! 英語版(日本語訳付き) 偉人伝【電子書籍】[ 海老根一樹 ]

わかりやすい英語マンガと、詳細な日本語訳で、

楽しみながら英会話力も人間力も相乗効果でアップ!

インド独立の父ガンディーは、常に貧しいものたちと暮らし、非暴力の信条を貫き通した。マハトマ (偉大なる魂)、または親しみを込めてバープー (父親) と呼ばれたガンディーは、イギリスによるインド支配に抵抗し、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融合を目指した。何度も投獄され、そして断食をしながら闘い続け、ついにインド独立の夢を果たしたガンディーの生涯をマンガで追う。断食、塩の行進などの貴重な写真も収録。

ガンジーBlu-ray [ ベン・キングズレー ]
世界の歴史を変えた男、マハトマ・ガンジー。/1894年、青年マハトマ・ガンジーは、大英帝国支配下の南アフリカにおける人種差別政策に激しい怒りを覚え、民族抵抗運動を起こす。この運動を皮切りに、ガンジーは人種差別撤廃の理想に燃え、祖国インドでの反英不服従運動の指揮を執ることになる。1919年インドに導入されたローラッド法案に反対し、インド各地で暴動が起こるが、ガンジーは断食をもって抵抗する。翌年、英国当局に非協力を宣言。スワデシ運動(外国製品非買運動)を展開する。塩の自力生産を訴えた「塩の行進」、議会重視政策への転換等を経て、やがて大英帝国の支配を終結させるが…。1948年1月30日、ガンジー暗殺。
ガンジー 25周年記念特別版 [ ベン・キングズレー ]

世界の歴史を変えた男、マハトマ・ガンジー。/1894年、青年マハトマ・ガンジーは、大英帝国支配下の南アフリカにおける人種差別政策に激しい怒りを覚え、民族抵抗運動を起こす。この運動を皮切りに、ガンジーは人種差別撤廃の理想に燃え、祖国インドでの反英不服従運動の指揮を執ることになる。1919年インドに導入されたローラッド法案に反対し、インド各地で暴動が起こるが、ガンジーは断食をもって抵抗する。翌年、英国当局に非協力を宣言。スワデシ運動(外国製品非買運動)を展開する。塩の自力生産を訴えた「塩の行進」、議会重視政策への転換等を経て、やがて大英帝国の支配を終結させるが…。1948年1月30日、ガンジー暗殺。

ガンジー コレクターズ・エディション /

発売年月日:2002/02/22
JAN:4988107191875
1894年、青年マハトマ・ガンジーは、大英帝国支配下の南アフリカにおける人種差別制作に激しい怒りを覚え、民族抵抗運動を起こす。この運動を皮切りに、ガンジーは人種差別撤廃の理想に燃え、祖国インド各地で暴動が起こるが、断食をもって対する。翌年、英国当局に非協力を宣言。スワデシ運動(外国製品不買運動)を展開する。塩の自力生産を訴えた「塩の行進」、議会重視政策への転換をへて、やがて大英帝国の支配を終結させるが…。1948年1月30日、ガンジー暗殺。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク