アインシュタインは発達障害(DD)(学習障害)だった!?


アインシュタイン

アインシュタインがノーベル物理学賞を受賞したのは1921年。
その2年後の1923年に日本では、10万5千余の人的被害となった関東大震災が‥

そんな歴史も気になりますが、
この相対性理論で世界的に有名なアインシュタインは、
学習障がいだったのでは?と言われています。

そして、誰もが知っている発明王のエジソンも、
アスペルガー障がいだったのでは?と。
実は、いま、発達障害を調べています。

なぜ?

実は、ちょっと前に、映画『ザ・コンサルタント』
(原題: The Accountant)を観たのですが、
原題のように、会計士の姿を描いたサスペンスアクションで、

なんと、この会計士(主演:ベン・アフレック)、

世界中の危険人物の裏帳簿を取り仕切る会計士にして、
すご腕の殺し屋でもある高機能自閉症という設定なのです。

ところで、

アメリカの子供の自閉症発症率は、現時点で、6人に1人。
2025年までに2人に1人になるいう研究もあります。
でも、この映画を観て感じたことは、発達障害ってなに?
発達障害もひとつの個性ではないのか?

つまり、健常、障害に区別はないのではないか、ということなんです。

スポンサーリンク

「発達障害」(Developmental disability)は脳機能の障害

発達障害は個々の症状・特性が異なり、同一診断名の人が必ずしも同じ症状・特性を持つわけでないのです。
「発達障害」は脳機能の障害であるため、障害の種類は多岐にわたり、その状態は様々です。

主なものとしては、

ASD(自閉症スペクトラム障害):Autism Spectrum Disorder
ADHD(注意欠如・多動性障害):attention deficit hyperactivity disorder
LD(学習障害):Learning Disabilities

の3つがあります。

相対性理論をわかりやすく解説すると‥

さて、話しをまた、アインシュタインに戻して‥

理解してますか?相対性理論。

相対性理論(the theory of relativity)を子供にもある程度理解できるように
わかりやすく解説しているサイトがあります(下記:http://www.yukihy.com/entry/theory-of-relatively-comparison
)。

個人的に理解できそうなことは、
結果6ですかね。重さとエネルギーは同じ(特殊相対性理論)、E=mc2
結果1 光の速度よりも速く動けるものはない(特殊)

結果2 光の速度に近い速さで動くものは、縮んで見える(特殊)

結果3 光の速度に近い速さで動くものは、時間が遅く流れる(特殊)

結果4 重いもの*1の周りでは、時間は遅く流れる(一般)

結果5 重いものの周りでは、空間が歪む(一般)

結果6 重さとエネルギーは同じ(特殊)

アルベルト・アインシュタイン、光電効果

*アルベルト・アインシュタイン(1879年3月14日 – 1955年4月18日)

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論などを提唱した
世界的に知られているドイツ生まれの理論物理学者。

20世紀最大の物理学者でもあり、現代物理学の父とも呼ばれる。
光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

*現代物理学(modern physics)の2本の理論的な柱:相対性理論と量子力学
*古典物理学(classical physics)の2本の柱:力学と電磁気学
*光電効果とは(photoelectric effect):物質に光が当たると、中の電子が飛び出てくる現象

Albert Einstein (14 March 1879 – 18 April 1955) was a German-born theoretical physicist.
Einstein developed the theory of relativity, one of the two pillars of modern physics (alongside quantum mechanics).

Einstein’s work is also known for its influence on the philosophy of science.Einstein is best known by the general public for his mass–energy equivalence formula E = mc2 (which has been dubbed “the world’s most famous equation”). He received the 1921 Nobel Prize in Physics “for his services to theoretical physics, and especially for his discovery of the law of the photoelectric effect”, a pivotal step in the evolution of quantum theory.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク