マシンが無料のネスカフェ ドルチェグスト( Dolce Gusto)


coffee

ネスカフェ(Nescafé)のコーヒーメーカー(マシン)ドルチェグストってご存知ですか?
日頃からおいしいコーヒーを飲んでいるみなさんに朗報です。

なんと、定期お届け便なら、マシンの料金0円、コーヒーカプセルの送料0円、
そして、カプセルの料金10%OFF

つまり、コーヒーマシン(ドルチェグスト)が無料なんです。

スポンサーリンク

ネスカフェ(Nescafé)はNestléのコーヒー製品の商標

インスタントコーヒーとして広く知られているネスカフェがありますが、
ネスカフェ、ネスレ、ネッスルなどいろいろな呼び名がありますが、区別できますか?

ネスカフェ(Nescafé)はネスレ(Nestlé)が世界的に製造して販売するコーヒー製品の商標で、社名のNestléとCaféを合わせた造語なんです。

もともと、1938年スイスで最初に提供され、その後、フランス、イギリス、アメリカ合衆国へ輸出され、日本ではネスレの日本法人であるネスレ日本が製造販売しています。
で、ネッスルは、1994年までのネスレ社の日本での社名なんですよ。

Nescafé From Wikipedia, the free encyclopedia

Nescafé is a brand of instant coffee made by Nestlé. It comes in many different forms. The name is a portmanteau of the words “Nestlé” and “café”.[1] Nestlé first introduced their flagship powdered coffee brand in Switzerland on April 1, 1938.

History

Nestlé began developing an instant coffee brand in 1930, at the initiative of the Brazilian government, to help to preserve the substantial surplus of the annual Brazilian coffee harvest. Max Morgenthaler led the development project. Nestlé introduced the new product under the brand name “Nescafé” on April 1, 1938. In 1965, Nestlé introduced a freeze-dried coffee brand called “Nescafé Gold” in Europe.

カプセル式コーヒーメーカー ネスカフェ ドルチェグスト

ネスカフェブランドを展開するネスレ日本が販売しているカプセル式コーヒーメーカーが、ネスカフェ ドルチェグスト(NESCAFE Dolce Gusto)です。

グラインド(挽豆)されたコーヒー豆が封入されたカプセルをマシンにセットし抽出ボタンを押すだけで、簡単に淹れたてのコーヒーを楽しめる。 セットするカプセルを変えれば様々な味のコーヒーを楽しめるほか、エスプレッソも楽しめます。また、ミルクカプセルとコーヒー等のカプセルの2つを使うことでカプチーノ、ココア、ティーも楽しめんですね。

コーヒー豆は挽いた瞬間から酸化が始まって、味が落ちてしまうので、カプセルの中に閉じ込めることで、挽いた瞬間の新鮮な香り、風味を味わえるというわけです。それが、カプセルコーヒーです。

コーヒー粉などは抽出後もカプセル内に残り、抽出されたコーヒー等はカプセル下部の抽出口からカップに直接注がれるため、抽出後の手入れは、カプセルをマシンから取り外して捨て、
カプセルホルダーを水洗いするだけです。



コーヒーマシンが無料でもらえる!/ネスカフェ ドルチェ グスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク